top of page
検索
  • 執筆者の写真匠海 至極

一刀流から二刀流の道

「二刀流」という言葉と聞くと大谷選手が浮かぶ。

世の中には色々な二刀流がいる。

お笑い芸人と医者の二刀流。

アスリートと会社員の二刀流。

トレーナーでいうと、ストレングスコーチと鍼灸師の二刀流。



その「二刀流」は最初はなかったもの。

どこの誰かが「これとこれ組み合わせたらカッコよくね?」「やっちゃえばいいか」なんて創造とノリが形となって存在している。


その業界からしたら異端児扱い・イカれた奴扱いだったかもしれない。




今までの形ややり方・在り方から新しいものを創られると多くのヒトは嫌がる。

「前すすめ!」で物事が今まで進んで来たから、列を崩されると「列直せ!」と言いたくなるのがヒトなのかもしれない。(例えば、部活・スポーツの伝統とか。。)



それを感じたのは

来年から行く専門学校の先生と話す機会をいただいた時

「この職業とこの職業のハイブリット的なことがしたい」と言ったら

それなら、「それはできない、理学療法へ行ってくれ」と言われた。

おそらく今までこんな発想をするイカれ若者に会ったことがなかったのだろう。



義肢装具士とトレーナーをやっている人は知っているだけで日本じゃ1人。



道を切り開くのはイカれた発想とノリだ。




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コミュニケーションはなんだろう?

コミュニケーション能力が高いというと「よく喋れるやつ」という印象があるが本当か? (今回もオチなんてない文章です) そもそもコミュニケーションって会話だけか? 私たちの先祖のアウスロピテクスは喋らなくても、仲間の目の動きを見て意思疎通を行いマンモスを狩っていた。 恋人だと喋らなくても何となく空気感や相手の目の動き、触られた感覚で何となく求めているものがわかったり、、(スピリチュアル的なことなのかも

自分のエゴは置いておく

指導させていただく側の人間・職業として相手から求められているもの読み取り、 シンプルに返すことはとても重要。 (プライベートなら、エゴを出すことによって自分を知ってもらえるかもしれないが 良い関係を気付きたいと思っている人には求められているものを返すこと大事かな。) 僕の職業の場合、「僕のトレーニング論」「トレーニングの考え方」なんてどうだっていい。自分のエゴなんて捨てること。お客様が求めているも

掃除を雑務と思うなら、、

「掃除」って聞くと一見、雑用だと思われがち。 でも、なぜ掃除をするのか。 一番はお客様のため。お客様が居やすい環境を作る。快適に過ごしてもらうため。 汚いところは目立つ。綺麗なところは目立たない。 汚いとなんとなく嫌な気持ちになる。 例えば、 行きつけの服屋、美容室に行ったとして ・鏡が曇っていた。 ・店のドアマットやトイレが髪の毛だらけ。 だとなんとなく嫌というか、不快な感じがする。 いくら良い

Comments


bottom of page